生きる力と考える力!などのブログ

毎日の出来事やブログの研究。スマホの活用など。 | Visionproud(ビジョンプラウド)

砂糖を入れてストレス緩和!集中力アップ!紅茶に砂糖(ブドウ糖)を入れて愉しむ効能と効果について。

紅茶(アールグレイ)はストレートで飲むことが多いですが、砂糖を入れて飲むのも好きです。砂糖は色々種類があり、どの砂糖がよさそうなのか紅茶と砂糖について少し調べてみました。

http://www.flickr.com/photos/25187937@N05/5094315388

最近は砂糖としてこちらの「ブドウ糖」を入れて飲んでいます。リーズナブルかつ送料が無料でかからないのもあり愛用しています。

ブドウ糖 1kg

ブドウ糖 1kg

 

紅茶に砂糖を入れる飲み方はイギリスから

紅茶に砂糖を入れる飲み方はイギリスから生まれたようです。17世紀当時、希少で貴重品かつ舶来品であった「お茶」と、同じように希少で貴重品かつ舶来品であった「砂糖」を組み合わせて飲むことが、貴族や上流階級などの高貴な身分の人たちの最高の贅沢であったようです。

また、お茶も砂糖も当時は貴重な「薬品」でもあったようで、高貴な身分の人たちの飲み方としては、「中国産の紅茶」に「西インド諸島産の砂糖」を入れて「中国製の磁器」で飲むことが上流階級の「ステイタスシンボル」になったそうです。

時代が進み一般にも広がり国民的飲料へ

その後、18世紀中頃から19世紀にかけて砂糖が大量生産され値段が大幅に安くなったことと、お茶に対する輸入関税が引き下げられる事でお茶の値段が安くなったのが重なり、一般の人々にも広まっていき国民的飲料になったそうです。

なお、お茶や砂糖の拡大は中国とのアヘン戦争の引き金や奴隷制度の増大の原因となったようです。

 紅茶に合う砂糖は「グラニュー糖」や「角砂糖」

砂糖には色々種類がありますが、精製度の違いにより「グラニュー糖」>「上白糖(白砂糖)」>「三温糖」>「黒砂糖」と区別され「グラニュー糖」が一番精製度が高いそうです。

「グラニュー糖」や「角砂糖」はクセがなく紅茶に合わせやすい

紅茶に合う砂糖で一般的におすすめの物は「グラニュー糖」や「角砂糖」と言われています。理由は溶けやすくクセがないのが理由だそうです。(角砂糖はグラニュー糖を四角に固めた物で同じ物のようです。)

白砂糖(上白糖)はクセがあり紅茶の味が変わるそうです

また、料理でよく使う一般的な「上白糖(白砂糖)」は少しクセがあるので、紅茶の味が若干変わるそうです。ただし気にするほどでもないそうです。他にも黒砂糖や三温糖、きび砂糖、ぶどう糖など砂糖は色々ありますが種類によってはクセや風味に違いがあり(好みがありますが)紅茶に合う、合わないがあるようです。

砂糖を摂取するとストレスを緩和できるようです

会社など職場でストレスを感じている時に砂糖を摂取すると、「コレチゾール」を抑制することができる米国での研究結果が出ているそうです。

コレチゾールとは、「ストレスホルモン」とも呼ばれている

コレチゾールとは
副腎皮質から分泌されるホルモンで、糖質コルチコイドの一種です。糖代謝をはじめ、タンパク代謝、脂質代謝、電解質の代謝、骨代謝、さらに免疫機構にも関与しており、生命維持に不可欠なホルモンです。炎症を抑制する作用もあります。ストレスに関与し、過度なストレスを受けると分泌量が増加しますが、その反応はとても敏感です。ストレスホルモンとも呼ばれています。

だだし毎回甘いモノばかり食べて砂糖ばかり摂り過ぎていると健康にも悪く、また太りやすくなるのでここはスマートに(?)紅茶やコーヒーに砂糖を入れて飲むのがよさそうですね。

なぜ紅茶に「ブドウ糖」を入れているのか

最近、紅茶に砂糖を入れる時には「ブドウ糖」を入れています。ブドウ糖の甘さは通常の砂糖の80~65%くらいの甘さと言われ、少し控えめの甘さで後味もさっぱりとしています。あと頭があまり働かない時や身体が疲労している時にはブドウ糖の摂取がよいとされているのも理由です。

脳のエネルギー源はブドウ糖のみ

ブドウ糖(グルコース・デキストロース)は身体のエネルギー源として重要な栄養素であり、特に脳のエネルギー源は唯一ブドウ糖だけと言われているそうです。

ブドウ糖が不足すると集中力の低下やイライラが起こる

ブドウ糖が不足すると脳が上手く働くことができなくなり、集中力や思考能力の低下、物覚えが悪くなったりするそうです。また、気分が落ち込みやる気がなくなってくるそうです。
身体にブドウ糖が不足すると血糖値が低下し「低血糖症」になってしまうそうです。低血糖症になると低下した血糖値を上げるために「ノルアドレナリン」という怒りのホルモンが分泌されるためイライラとしてきたり、急に頭にきたりするようになり、俗にいうキレやすくなるそうです。

砂糖とブドウ糖を比べて

 砂糖の成分は、ほぼショ糖(蔗糖・サッカロース)だそうです。また「ショ糖」は「ブドウ糖」と「果糖」が結合したものとなり、砂糖を摂ることによってブドウ糖も摂取できるようです。ただし砂糖は少し甘さが強すぎるのと後味にしっとりしたコクが残るので、よりさっぱりとして口どけのよりブドウ糖にしました。

砂糖のように買えるブドウ糖はリーズナブル

以前は疲れた時などブドウ糖を飴玉のようなお菓子感覚で摂取できる固形の「ぶどう糖 100%」を食べていました。「ぶどう糖 100%」は口どけがとても良くお口の中に入れた瞬間にフワッと溶けてなくなるが気持ちが良いです。 

夢のくちどけ ぶどう糖 18粒

夢のくちどけ ぶどう糖 18粒

 

しかし「ぶどう糖 100%」をずっと愛用していましたが、砂糖のように販売されている袋入りのブドウ糖がよりリーズナブルな価格なのと、紅茶に砂糖代わりに入れて飲めるので最近はこちらを愛用しています。時々、固形のぶどう糖が食べたくなった場合は粉のブドウ糖をスプーンで直接食べるときもあります。

朝のティータイムには砂糖入り紅茶を

ブドウ糖は就寝時にも消費されているので、朝起きがけに頭が働かない時などはブドウ糖(砂糖)入り紅茶で朝のティータイムを満喫することをおすすめします。

ブドウ糖 1kg

ブドウ糖 1kg