読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きる力と考える力!などのブログ

毎日の出来事やブログの研究。スマホの活用など。 | Visionproud(ビジョンプラウド)

ひっくり返してすぐにバターを使うことが出来る、野田琺瑯のバターケースを購入しました

 f:id:gaiusgreen:20161031200502j:image

先日、コストコで購入した「マリンフードのミルクを食べる香り立つ乳酪バター」を購入した時に、まさかのバターケースに入らないという事態が起きてしまい、450gのサイズが入るバターケースを購入することにしました。

いろいろ悩んだ結果、野田琺瑯のバターケースを購入しました。

琺瑯は食材の保存に適しているようです

琺瑯は塩分や酸に強いそうなので、食材の保存に適しているそうです。また、汚れや臭いが付きにくく、プラスチック容器など化学物質が溶け出る心配も無いようです。

このバターケースはそうはしないですが、琺瑯はそのままコンロなどの火にかけることも出来るようですね。ただし、電子レンジは出来ないようです。

バターを入れてみるとスッポリと綺麗にバターが入ります。

先日購入したマリンフードのバターは、一時的にタッパーに入れていました。しかし、タッパーだとバターの使いかけている状態があまり綺麗に見えないので、やはりこういった容器に入れると見栄えが栄えますね。

バターを入れたこの野田琺瑯のバターケースを持ってみると結構ずっしりとします。多少使用したバターの重量が約400gくらいと、バターケース本体が約490gあるようなので、合わせて約900gと、なかなかの重さです。

ひっくり返してすぐにバターを使用できるのが便利

この野田琺瑯のバターケースは、使用する時のことをよく考えられていて、フタを下にしてケースごとひっくり返して使用します。そうすると、木製のフタがバターを置くトレイになり、そのままバターをカットすることが出来てとても便利です。

ただし、冷蔵庫からこのバターケースを取り出して、すぐにひっくり返すと時々、本体の琺瑯にバターがくっついていることがあります。そのため、バターケースをゆっくりと冷蔵庫から取り出し、ゆっくりとケースをひっくり返したほうが、ケース本体にバターがくっつくことがないようです。

 

野田琺瑯 バターケース 450g用 BT-450

野田琺瑯 バターケース 450g用 BT-450