読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きる力と考える力!などのブログ

毎日の出来事やブログの研究。スマホの活用など。 | Visionproud(ビジョンプラウド)

グーグル日本語入力の「z」を使った便利な変換文字

arrow

「→」(右矢印)「←」(左矢印)など、矢印の記号は、テキストを打つ時に使うことがあります。以前は「やじるし」とテキストを入力して、その後スペースキーを押して変換をしたり、「きごう」とテキストを入力して変換をしていました。

「→」(矢印)などの記号がすぐに出せるグーグル日本語入力

グーグル日本語入力では「z」のキーとそのほかの1つのキーとの組み合わせで、矢印が変換できるので便利です。この方法を覚えてから、さらに矢印を使うようになったような気がします。
また、「『』」(二重かぎかっこ)や「‥」(二点リーダー)、「…」(三点リーダー)も同じようにあり、こちらの入力方法を覚えると、少ないキーの入力ですぐに記号の変換ができて便利です。

「Z」を使ったショートカットキー

  • 「z」キーの次に「h」キーで「←」(左矢印)
  • 「z」キーの次に「j」キーで「↓」(下矢印)
  • 「z」キーの次に「k」キーで「↑」(上矢印)
  • 「z」キーの次に「l」キーで「→」(右矢印)
  • 「z」キーの次に「「」キーで「『」(始め二重かぎかっこ)
  • 「z」キーの次に「」」キーで「』」(終わり二重かぎかっこ)
  • 「z」キーの次に「、」キーで「‥」(二点リーダー)
  • 「z」キーの次に「。」キーで「…」(三点リーダ)
  • 「z」キーの次に「ー」キーで「~」(波線)

グーグル日本語入力には、そのほかにも便利なショートカットキーや、オリジナルの特殊な入力変換文字、機能がなどがありました。なかには、まず使わないであろう、とてもユニークな変換もあり思わず笑ってしまいます。グーグルはおもしろいですね。