読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きる力と考える力!などのブログ

毎日の出来事やブログの研究。スマホの活用など。 | Visionproud(ビジョンプラウド)

地球は青かった。iPiphoneなどのスマホでリアルタイムに宇宙から地球を眺めてみる。

宇宙から見た地球のリアルタイム映像が配信されているのを見てみました。映っているいるのが、今まさにこの瞬間だと思うとゾクゾクします。地球は青かった。

こちらのライブ映像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)がISS(国際宇宙ステーション)から撮影した地球をUstreamでライブ配信している物のようです。

f:id:gaiusgreen:20150602075322j:plain

Ustream のチャンネル「ISS HD Earth Viewing Experiment」から見れます

地球の生中継映像は、Ustream のチャンネル「ISS HD Earth Viewing Experiment」から視聴することができます。こちらのライブ映像は常時4つのカメラが切り替わっているようです。ユーストリームなのでiPhoneなどのスマホからも見ることができます。

高画質ビデオカメラから撮影された地球は美しい

高画質のカメラによって撮影された地球は素晴らしく美しいですね。鮮明な映像で地球の美しさを堪能できます。

カメラは、HDEV(High Definition Earth Viewing)と呼ばれる、高精細度(HD)カメラによって撮影されているようです。また、こちらのカメラは日本のメーカーの一般に発売されているカメラを利用しているそうです。

画面が真っ暗の時は地球が夜の部分を飛行中

画面が真っ暗で見れない時は、ISSがちょうど地球の裏側で夜になっている部分を飛行中の為、真っ暗な宇宙しか見れないようです。ISSは地球を90分で1周しているので、いま見ることができなくとも少し待つことにより(最大45分)また地球を見ることができるようになります。

NASAやUstreamのページではISSの現在位置を確認できます

NASAやユーストリームのページでは、ライブ映像だけではなく、ISSの現在位置の確認をすることができます。また、ユーストリームのぺーじではコメントを入れたりすることができるようです。コメントは英語が多いですね。

もうひとつ「ISS Live!」からのライブ映像もあるようです

他にも「ISS Live!」があり、こちらもISSのライブ映像のようです。「ISS Live!」からも地球の姿を見ることができます。また、ISS自体の姿も映っています。JAXA(宇宙航空研究開発機構)によると、

ISS Live!とは、NASAが提供しているツールで、国際宇宙ステーション(ISS)の姿勢、生命維持、電力系等の米国側各システムの運用状況や、クルーの作業スケジュールなどの、従来運用関係者しか見られなかった情報を、リアルタイムで見ることができます。

NASAの衛星が録音した「地球の音」と一緒に見るとさらに臨場感が増します

こちらのYouTubeは、NASAの惑星探査衛星「ボイジャー」が録音した地球の音で、この「地球の音」を聞きながら一緒に見ると、さらに宇宙に行っている気がしてきます。

NASAの惑星探査衛星「ボイジャー」が録音した地球の音です。
宇宙空間には空気が無いため無音だと思われがちですが、実際には電磁震動としての音が­存在しています。
この電磁振動の音は、人間が知覚できる音の周波数(可聴域)である毎秒20~20,0­00サイクルで録音されたものです。

宇宙人やUFOが見れるかもしれません

リアルタイムで配信しているので、もしかすると宇宙人やUFOが偶然映るかもしれません。こちらのサイトでは、ISSのライブカメラに「葉巻型の謎の発光物体」が映ったり「奇妙な形の物体」が挟まっていたり、UFOらしきものがISSに接近する様子が捉えられている映像が紹介されていました。

またこちらのサイトでは

この映像が流れた後、ISS Live! のトップページに “ISS live will be retired in two weeks.” (ISSライブは2週間以内に終了する予定)というメッセージが表示され、中継が途絶えていた時期があったため、「NASAは何かを隠そうとしているのではないか?」という憶測が広まりました

 本当にUFOだとすごいですね。世界が大震撼です。

 

iPhoneなどのスマートフォンでいつでも宇宙からの地球の映像を生中継で見れるようになったのは驚きです。これで僕たち一般の人間が少し宇宙に近づいた気がしました。

 

宇宙兄弟(1)

宇宙兄弟(1)