読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きる力と考える力!などのブログ

毎日の出来事やブログの研究。スマホの活用など。 | Visionproud(ビジョンプラウド)

人間の心は脳では無く腸に支配されていた。驚きました!腸は第二の脳?(セカンドブレイン)

 最近、下痢気味でお腹がチクチクと痛みます。2~3日も続くので心配になり、下痢についてリサーチしていると、こんな記事を発見しました!

f:id:gaiusgreen:20140217232544j:plain

人間の腸って感情を持っているのですか?

腸は第二の脳である - 腸の不思議な話

事故などで脳に大きなダメージを与えても腸は独自の動きをしているそうです。

そのため、脳にダメージを大きな受けた状態、脳死状態でも腸の中に栄養が入って来る限りその栄養を消化することが出来るようで、これにはビックリしました。

腸にも脳があるのですか?

セロトニンとは人間の精神面に大きく影響を与える神経伝達物質で、落ち着きや心地よさ、満足感などの人の幸せに重要な役割を果たしているそうです。

本来は脳にあると考えられていたセロトニンですがなんと腸でも作られていることが判明、しかも95%とほとんどということ、他にもドパーミンもつくられているみたいです。

 

美味しいものを食べたら幸せな気分になるのはこのおかげでしょうか?

 

 腸は脳の支配下になく独自にコントロールしている

腸は脳からの神経細胞がほどんどつながってないらしく、腸独自で動いているそうです。

胃、肝臓、腎臓、は腸が自己判断で司令を出しコントロールしているとのこと、脳が行っていたわけではなかったのですね。

また、食中毒菌が混在した食べ物を食べた場合、脳は「食べる」という欲求を優先するので安全なのかという判断は出来ないのに対し、腸は独自に判断し下痢や嘔吐などの症状で体から食べ物を出そうと頑張るらしく

すごい仕組みだなと関心しました。

 

私はよく下痢をするのですが腸に守ってもらっていると今確信しました

 

 

腸はもしや、脳とは別に「喜怒哀楽」の感情を持っていて

「怒る」→「お腹を痛くする」

「寂しい」→「食べてお腹がいっぱいのはずなのにお腹が空く」

 など行っているかもしれないですね。

心と体を変える “底力” は “腸” にある 腸脳力

心と体を変える “底力” は “腸” にある 腸脳力